13日の金曜日

昨日は「13日の金曜日」でしたね。

このフレーズを聞いて真っ先に思い浮かぶのはやっぱり「ジェイソン」ですよね。
日本では、映画『13日の金曜日』以外ではあまり不吉なイメージはないこの日。
この作品が有名にした感のある「13日の金曜日」が、なぜこれほどまでに不吉とされてるのかご存知でしょうか?

英語圏のいくつかの国と、フランスやドイツなどで不吉な日とされてる迷信で、「イエス・キリストが処刑された日が13日の金曜日とされた」という風に云われていますが、これは間違いだそうです。

現在多くの国で用いられているグレゴリオ暦において、最低でも年に一回必ず、最大で年に3回、13日の金曜日があります。(一日が日曜日の月)

キリスト教の国であっても、イタリアでは不吉な日は「17日の金曜日」だそうで、スペインでは「13日の火曜日」が不吉だとされていて、「13日の金曜日」を不吉な日としているのは、英語圏とフランス、ドイツなどに限られています。

でもフランスでは宝くじの売り上げが急上昇する、幸運な日でもあるそうです。

13日の金曜日を不吉とする説はいくつかあって…

◉ キリストの最後の晩餐に13人の人がいたことから、13は不吉な数とされた。また、キリストが金曜日に磔刑に処せられたとされていることから、13日の金曜日が不吉であるとされるようになった説。

◉ 北欧神話において12人の神が祝宴を催していた時に、13人目となる招かれざる客ロキが乱入して人気者のバルドルを殺してしまった説。

◉ 魔女としてキリスト教に追いやられたフリッグが11人の魔女と悪魔を招いて毎週金曜日に悪事を企んでいたからだという説。

◉ フィリップ4世がフランス全土においてテンプル騎士団の壊滅を図るため、メンバーたちを一斉に逮捕したのが、1307年10月13日の金曜日だったという説。

(Wikipediaより)

「13日の金曜日」はそんなに不吉な日なのかどうかは実際調査が行われてるそうで、調査された国によって「危険だ」とされるデータや「気にする必要はない」「むしろ安全だ」といった様々な報告があります。

最近では2015年に起こったフランス・パリ同時多発テロが11月13日のの金曜日だったりと、たまたまかもしれませんが「迷信だ」と否定するにはとどまれない根拠もあったり。

医療現場関係者においても「13日の金曜日は不吉」と信じていることで、患者の精神状態に影響を与えることもあり、各国による正式な調査により「13日の金曜日」には危険性はないんだということを説明出来れば、防げるものもあるんだということなのでしょう。


それでは今日も素敵な映画と一杯を…
スポンサーサイト
2017/10/14 (Sat) 01:17 |Barでの小話 |コメント(0)

個性

ボクの映画好きのきっかけにもなった『ゴジラ』。
小学生の頃、あのシリーズを食い入るように観たものです。

そしてその『ゴジラ』といえば、誰も思い浮かぶあのテーマ曲。
その超有名な曲を作曲したのが、伊福部昭さん。
日本を代表するオーケストラをはじめとする作曲家であり、『ゴジラ』をはじめとする映画音楽の作曲家であり、音楽教育者でもある伊福部氏が答えたあるインタビューが素晴らしかったので、紹介したいと思います。

彼の考える『個性』についてのお話です。



「私の作品について『個性的である』という評価をよく耳にします。

ところが私は、曲を書く時に『個性的』であろうとしていないんです。

『個性』というのは、本当言うと、たいしたことのないものだと思います。

ここに私とあなたがいて、

飲めば二人とも眠くなるし

腸チフスになれば熱を出して下痢をするし

酔っ払うし

そういうところはまったく同じです。

それで、今から何を食べるか?

鰻を食べるか天ぷらを食べるかといった時に『俺は

鰻だ』『俺は天ぷらだ』と出る。

99%まで同じなんですよ。

1%だけが、人間は違っているんです。

その1%にこだわらないで、99%を完璧なものにすれば、出っ張った1%も自然と大きくなると思います。


若い時には「自己」を変えてでも、他人と違おうとすることがあります。

でも、あれもこれも違うというのは、変わり者と言うのでしてね。

違おうと志すのではなく、

一部をはみ出させようとするのでもなく、

自己の「半径」を大きくすることによって個性と言うものは拡大していくのではないかと考えております。

半径を大きくしてといっても、必ずしも完全な円ではないので、あっちこっちがでこぼこしている。

そういうものを『個性』と呼ぶのかもしれない

と私は思います。」


それでは今日も素敵な映画と一杯を…

2017/10/08 (Sun) 02:00 |伝えたいこと |コメント(0)

クリスタルヘッド・ウォッカ

久しぶりに新しいお酒を仕入れました。
今日はそいつのご紹介です。

「クリスタルヘッド・ウォッカ」


最近あまりスクリーンで見かける機会が減ったような気がする名優ダン・エイクロイドがカナダに設立したクリスタルヘッド・ウォッカ社の商品です。

『ブルース・ブラザーズ』や『ゴースト・バスターズ』、『ドライビング Miss デイジー』など歌やダンスなどもこなすコメディアンでありながら、脚本家やニューヨークにあるハードロックカフェの共同経営者などマルチに活躍する彼。

この「クリスタルヘッド・ウォッカ」は、写真では分かりにくいかもしれませんが、骸骨をモチーフにした斬新なクリスタル・ボトルで、飲んで良し、飾って良しの存在感抜群の一本です。

4回蒸留で氷河の帯水層の水を使用し、炭と、鉱物学的には水晶である“ハーキマー・ダイアモンド”で入念に濾過したというプレミアム・ウォッカです。

2015年に公開された『ピクセル』で、アダム・サンドラーとミシェル・モナハンがBarでこの「クリスタルヘッド」を飲むシーンがありました。(ダン・エイクロイドもカメオ出演しています)

カクテルベースにしてもいいですし、ロックやストレートでじっくり味わって頂いても良いです。

たまにはそんなプレミアムな夜もいかがでしょう…


それでは今日も素敵な映画と一杯を…
2017/10/05 (Thu) 03:44 |カクテル以外のお酒 |コメント(1)

10月のWunderインフォメーション

ある夜、3人の男が一泊30ドルの安い宿に10ドルずつ出し合って泊まることにしました。

翌日、その宿の主人が一泊25ドルだったことに気が付き、5ドルを男達に返してくるように従業員に言いました。

しかし、その従業員は主人に内緒で2ドルを自分のポケットに納めて、男達一人に1ドルずつ返しました。

さて、ここで話を整理してみましょう。

結局、男達は一人9ドルずつ払い、合計27ドル払ったことになります。

そこに、従業員のポケットの2ドルを足すと29ドルになりますが、さて残りの1ドルはどこに…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

さて、それでは10月のWunderの新作映画カクテルのご紹介です。


『レナードの朝』(Awakenings/1990)

長い眠りから目覚めるまどろみをイメージした白ワインと洋梨のカクテル


『私がクマにキレた理由』(The Nunny Driaries/2007)

濃厚な甘みにヨーグルトとパッションフルーツの酸味の効いた爽やかな一杯


『キング・オブ・コメディ』(The King of Comedy/1983)

ドライ・ジンに香草のリキュールを加え、ビターな味わいに仕上げた、現代社会に息づくささやかな狂気をイメージしたカクテル


以上の3種です。

季節も秋へと移り変わり、肌寒い日も増えて参りました。
「ちょっと寒いなぁ」って時はホットカクテルもオススメです。
Wunderでも色々ご用意してお待ちしております。
お気軽にオーダー下さいませ。


それでは今日も素敵な映画と一杯を…
2017/10/01 (Sun) 21:58 |お店のこと |コメント(2)

俳優業と製作業

『チャーリーとチョコレート工場』(2005)
『ディパーテッド』(2006)
『キック・アス』(2010)
『それでも夜は明ける』(2013)

これらの作品の共通点が何か分かりますか?

正解は制作会社のひとつが「プランBエンターテインメント」だということ。

この「プランBエンターテイン」という会社、ブラッド・ピットと彼の前妻ジェニファー・アニストンらが設立した映画制作会社で、その他にも『食べて、祈って、恋をして』(2010)や『ワールド・ウォーZ』(2013)など、様々なジャンルの作品を手掛けている会社なのです。

またブラッド同様、トム・クルーズ、ウィル・スミス、レオナルド・ディカプリオ、ドリュー・バリモア、ナタリー・ポートマン、アシュトン・カッチャー、メル・ギブソンといったトップスターも製作&制作会社も手掛ける一方、キーファー・サザーランド、サラ・ジェシカ・パーカー、マーク・ウォールバーグなど、製作だけを手掛けるスターも多いのです。

さらにTVドラマとなると『BONES-骨は語る-』のデヴィッド・ボレアナズ、『ゴシップガール』のアンドリュー・マッカーシーなど、プロデューサーのみならず、出演作で監督を務める俳優も大勢います。


日本の俳優サンの場合、俳優業のみに専念し、プロデューサーや製作まで手掛けることは滅多にありません。
なぜこうもハリウッドでは製作にまで乗り出す俳優サンが多いのでしょうか?

こんな記事を読んだことがあります。

「自分が出演と製作を兼ねた作品が当たれば、出演料だけでなく、製作でのお金も入ってくるため、そこは魅力なんだと思います。
それに彼らにはネームバリューもあるので、スポンサーからお金を出してもらえる可能性がグンと高くなります。
結果、よりよい映画となって作品はヒットし、見返りも大きい」んだそうです。

でも雑誌などのインタビューを見ていると、長く俳優業をやっていると『つくる側』に立ちたくなるのも事実なようです。

映画には『何かを創造する』魅力があるからこそ、役者だけではなく、監督やプロデューサーも兼任したくなるんだと…
特にTVシリーズの場合は、スタッフとの付き合いが長くなるので、その分色々と口出しが出来るので、その傾向が高いんだそうです。

といっても、誰でもプロデューサーになれるワケではありません。

「基本的には、頭のイイ人でないと無理です。
それに、ビジネスセンスも持ち合わせていないと厳しいでしょう。
どのような作品が時代とマッチし、ヒットするのか…やみくもに映画を作ってヒットするほど、映画業界は甘くありません」

だそうです…

今はトップスターの地位に君臨して稼いでいても、落ち目になって収入はゼロに等しい…なんてことは往々にしてあります。
だからこそ、制作会社を設立したり、製作を務めておくことが大事なんです。
現場のイロハや映画のシステムを熟知しておけば、役者としてはダメでも、製作として稼げる道が残される。

ということは、秀作やヒット作をプロデュースし、そこに自分が出演すれば、トップスターの地位も守れる…

あっ!でも賢くなければ…
歯がゆい思いをしているスターは、案外多いのかもしれませんね。


それでは今日も素敵な映画と一杯を…


2017/09/25 (Mon) 02:09 |映画の楽しみ方 |コメント(2)

アクセスカウンター

プロフィール

Wunder

Author:Wunder
「映画」をテーマにしたBarをやってます。
Barで色々なものを飲まれてる方も、今日は新しい味に挑戦してみたいとか、こんな感じで飲みたいとか様々な気持ちがその日の一杯にはあります。
素晴らしい映画と一杯を…
ではいかがいたしましょう?

DVDニューリリース

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR